トップページへ
〒767-0033
香川県三豊市三野町吉津甲153番地1
TEL:0875-56-2301
お問合せフォーム
 

 
 

2018/05/26

古代の製法で平瓦作り ~その②~

Tweet ThisSend to Facebook | by スタッフ

先日、お知らせしました歴史講座で、
古代の製法で平瓦作りの切断実験をいたしました!

生渇きの筒と、完全に乾かせた筒を用意し、ゴムハンマーで
切り目を入れた部分をたたきます。




力加減で少し割れたものも出ましたが、
断面はしっかり再現出来ました。



しっかり乾かせた瓦の断面。



生乾きの状態で割った瓦の断面。



そして、この瓦が古代瓦の断面。
これらの断面を見ますと、完全に乾かせて叩き割る
製法の方が、実際の古代瓦の断面に似ています。
もう1度再現実験して確かな結果を得たいと思います。
古代の瓦職人の技術の高さに、改めて思いをはせた時間になりました。


10:16 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)